開催予定のウェビナー

SanpO Yoshi

Japan Lecture: Sanpo Yoshi

【2021年4月21日(水) 17:00~18:00(JST)】古くは江戸時代より近江商人に語り継がれた言葉「三方良し」。今や、多くの方がご存じな言葉です。しかし、昨今の日本の製造業に目をやると、買い手の為に売り手や世間を犠牲にした「買い手への過度な偏り」が見られます。本講演では、「モノつくりにおける三方良しとはどういう事か。」また、「モノつくりにおける三方良しはどのようにすれば実現できるのか」を考えます。  ※グローバル開催のため、英語で行います

詳細

Businessman hand typing with cloud technology system and office symbol concept

コンフィグレーション導入時に「してはいけない事」、「すべき事」

【2021年5月11日(火) 17:00~18:00】今回は、効果的なコンフィグレータ導入の流れについてご紹介します。B to Bにけるコンフィグレータ導入時の課題、導入の効果やよくある落とし穴、最適な導入のステップ、そしてベンダー選定の基準についてご説明します。ぜひご一緒に、コンフィグレータ導入時のベストプラクティスを見ていきましょう

ご登録はこちら

過去のウェビナー

Agile line

CTO型ビジネスモデルにトランスフォーメーションする方法

CTOへの変革に必要な事とは、直接コストや間接コスト、投資、開発コストを包含した広義のコスト競争優位を維持しながら、迅速で柔軟に顧客要求に対応し、かつ、イノベーティブな製品を市場に展開する、この3点を同時に実現する事です.そのために必要な4つのポイントをご紹介いたします。

動画を見る

palma

製品Life CycleにおけるDX Solution Webinar

今回のウェビナーでは、製品企画・開発におけるモジュラー・デザイン・アプローチを利用した上流での検討から、設計・生産へと、企業内外の協調・協業の仕事のあり方、COVID-19禍で変わろうとする働き方を見据えたソリューションを、事例・デモを交えてご紹介します。今回は、自動車業界におけるOEM様、サプライヤー様を対象とした内容となっておりますが、その他の製造業のお客様にとりましても大変有効な情報かと存じます。

動画を見る

good modular system

強力な製品アーキテクチャ構築する方法とは

前回のウェビナーでは優れたモジュラーシステムが何をもたらすのかについてご説明いたしました。今回は、モジュラー化を実現する為にどの様な体系・システム構成(モジュラーシステム)にすれば良いのかについてご説明いたします。続いて、モジュラーシステムの肝となる製品アーキテクチャをどの様に定義すれば良いのか、どの様に構築すれば良いのかについてご説明いたします。ポイントは、勘や経験、度胸(KKD)に頼らず、ロジカルに製品の在り様(製品アーキテクチャ)を構築する事です。

動画を見る

businessman hand draws gear to success concept

コンフィグレーションを成功させる方法

前回のウェビナーでは、強力な製品アーキテクチャを構築する方法をご紹介しました。今回は、マスカスタマイゼーションを実現するためのコンフィグレーションについてご紹介します。効率的かつ効果的な方法で顧客のニーズを満たす、真のコンフィグレーションを実現させるポイントをぜひご一緒に見ていきましょう。

動画を見る

Smartphone with finance and market icons and symbols concept

モジュラー化とマスカスタマイゼーションがもたらす財務的効果について

今回は、モジュラー化とマスカスタマイゼーションから得られる価値に焦点を当ててご紹介いたします。モジュラー化による価値をどのように見出すのか、つまりどのようにして財務的な効果を評価していくのかについて、その方法をご紹介いたします。モジュラー化の財務的効果を定量化して把握することで、経営陣や他部署を巻き込んだ全社での取り組みが容易になります。ぜひ今回のウェビナーを貴社の成長のきっかけにご活用ください。

動画を見る

industry factory iron works steel and machine parts modern indoor hall for assembly

リーン思考+モジュラー化=ムダの最小化・顧客価値の最大化

今回は、リーン生産方式とモジュラー化を組み合わせることの効果についてご紹介しています。リーンとモジュラーは、顧客価値の最大化にとって大きな効果をもたらしてくれます。工程やリソースの無駄を省きながら、同時に製品アーキテクチャの複雑さを省き、製品やサービスのバリエーションを拡大させていくには?について概念的な視点と経験に基づいた具体的な視点から、それぞれご紹介します。

動画を見る