貴社の製品は顧客ニーズに応えていますか?

このブログでは、カスタマーキャンバスを使用して、市場セグメント間でどのようなニーズベースの違いがあるのか、を理解する方法について説明します。同じキャンバスを使用して、製品がこれらのセグメントの期待にどのように対応するかを示し、新しいより良い製品が発見される機会です。キャンバスは、製品仕様のベンチマークと確立に使用できる客観的な尺度でメリットのレベルを定量化する場合に最も強力です。
続きを読む »

リーン生産方式とモジュラー化がもたらす具体的な効果とは

リーン生産方式とモジュラー製品アーキテクチャを組み合わせる事で、様々な顧客に対応しながらバリューストリーム(製造プロセス)をシンプルにすることが可能になります。
続きを読む »

モジュラー化の必然性について

歴史上、多くの機器、設備、サービスなどがモジュール化されてきたことは皆様も認識のことだと思います。今回は、何故このような製品、企業がモジュラー化に至ったかについて考えていき、これからのモジュラー化への参考となればと考えました。...
続きを読む »

リーン思考とモジュラー化を実現するための3ステップ

モジュラー化とリーン思考は強力な相乗効果を企業にもたらします。我々は、20年以上にわたるリーン思考の導入やモジュラー製品アーキテクチャ開発を通して、製品コスト削減、リードタイム削減、設備投資の抑制を実現してきました。いずれの事例においても、製品バリエーションを拡大しつつ、これらを実現されています。
続きを読む »

コスト削減と売上増加を両立させる方法 -モジュラー化がもたらす財務的効果算定方法

モジュラー化の目標。それは、コスト削減をしながら(業務卓越性)、様々な顧客要求に応え(顧客親密性)、イノベーティブな製品を産み続ける(製品リーダーシップ)、この3点を同時に満たす事にあります。
続きを読む »

製品コンフィグレータの具体例とガイデッドセリングの重要性 

顧客ニーズの理解  私は25年以上製品開発に携わってきました。すべての優れた製品は、深い顧客ニーズの理解から生まれます。そのような完璧な製品を開発するために必要なのは、その製品はどこで、どのように、いつ、なぜ、使われるのか、また、収納、保守、保管がどのようになされるのか、などを把握することです。
続きを読む »