プロダクトコンフィグレーションによるビジネス成功の秘訣

Sell More, Faster, With Less Effort! ヘンリー・フォードはかつて、"どんな顧客も、黒であれば好きな色に車を塗ることができる "と言った。マスカスタマイゼーション、モジュール化、オンライン製品コンフィギュレーターが企業や消費者に当然のように受け入れられている今日においては、かつては工業化の基本的な実現手段であったものが遠く感じられるかもしれません。
続きを読む »

モジュラー化について知っておくべきすべてのこと

産業革命以来、顧客からのカスタマイズされた製品の要求はますます高まっています。また、企業がデジタル化と持続可能性への挑戦をするために、製品に対するイノベーションスピードはますます加速しています。さらにコモディティ化とグローバリゼーションにより、かつてないほどの速さで市場が決める価格は下がってきています。
続きを読む »

貴社はどれくらいモジュラー化されていますか

モジュラーコンセプトが全く取り入れられていない、又は、これに興味のない企業はごくわずかです。複数の製品で再利用され、横断的に共有されるビルディングブロックを求めることは、製品開発、サプライチェーン、アフターマーケット業務におけるスケールと効率性を獲得し、バリューチェーンを通じて複雑性のコストを削減するために、ほとんどの企業で共通して行われていることです。...
続きを読む »

Chapter4:製品構成のプロダクトマスターとBOM構造

コンフィグレーション可能な製品の部品表 製品構成プロセスにおける重要なアクティビティは、BOMと呼ばれる部品表の作成です。従来の静的な製品の場合、BOMは製品に対して一度だけ作成され、保存され、再利用されます。...
続きを読む »

Chapter3:エンド・ツー・エンドの製品構成を実現するエンタープライズ・アーキテクチャ

前回のブログ「製品コンフィグレータはすべてのユーザーのためですか?」では、コンフィグレーション可能な製品を効率的に活用するためには、フロントエンドとバックエンドのオペレーティングモデルを整合させることが重要であると説明しました。 フロントエンドとバックエンドの整合性が取れていれば、エンド・ツー・エンドの構成を可能にするITシステムを構築することができます。...
続きを読む »

Chapter2:製品コンフィグレータはすべてのユーザーのためですか?

消費者も企業も、製品の購入方法はさまざまです。カスタマイズの必要性や、価格や納期に関する期待に応じて、売り手の市場アプローチは、標準化された製品から一点ものの仕立てまで多岐にわたります。...
続きを読む »

Chapter1:エンド・ツー・エンドを考慮した製品コンフィグレーションとは?

現代の情報化社会では、消費者も企業も、かつては標準化された万能な製品であっても、自分に合ったカスタマイズを期待しています。さらに、カスタマイズされた製品の価格や在庫状況などの情報は、即座にその状況を把握できることが期待されています。これを解決するのが、ここ十年くらいで開発されてきたプロダクトコンフィグレータです。
続きを読む »

コピー/キャリーオーバー設計から脱却するためのモジュラー設計アプローチ

失われた50年? 弊社はモジュラー化ソリューションをご紹介するために多くの企業の方々と意見交換する場を頂いておりますが、その中で特徴的につぎのようなお話を頂いています。 “設計部門が現行製品を提供するために多くの作業が必要で、本来設計開発業務の中で取り組むべき新製品、新部品、新機構、新システムの開発を行う時間が取れていない”、という課題に対するお悩みです。
続きを読む »