事例紹介

MTSの軌跡

MTSの軌跡

 

立案フェーズ

Modular Managementの支援は、Modular Strategy and Potential Analysis(MSAP™)から始まりました。本フェーズでは、MTS社の戦略目標を達成するためのモジュラー化プログラムを策定し、加えて、投資判断を支援するビジネスケースを提供致しました。間接費を算出するため、様々な組織においてValueMap™分析を実施しました。モジュラー化プログラムとして、作成・実行・管理フェーズまで一連した計画を立案しました。

 

作成フェーズ

Modular Function Deployment(MFD®)により、最適なモジュラー製品アーキテクチャを作成しました。アーキテクチャの中には、モジュールバリアントや、コンフィギュレーションルールが組み込まれており、全製品をコンフィギュレートできるようになっています。Module Finance™として、直接費・間接費のバランスを見るモデルと、モジュールシステムの収益性を分析するツールを提供しました。モジュラーアーキテクチャをより活きたモノとするため、Module Supply Chain Studyでは、MTSの内外や生産拠点の価値の流れ新たに見える化しました。

 

 

実行フェーズ

Module Design™は、開発の流れや優先順位、モジュール要件を管理しながら、標準化されたインターフェースを実装するために行われました。また、文書化手法がプロセスとツールの点で再検討され、既存のCAD/PDMシステムに適用されました。加えて新たなエンドツーエンドの統合型CTOシステムも導入され、ライン生産を実現することができました。これにより、リードタイムと在庫、固有部品を大幅に削減し、製造と管理が大幅に効率化されました。

 

 

管理フェーズ

Modular Transformation™は、モジュラー化が長期的に続き、高収益の源泉となるよう、新たな働き方を策定しました。また、新たなプロセスが守られるよう、ツールを用いました。加えて、Chief ArchitectやModule System Product Managerといったアーキテクチャーを維持・活用する役割を持った新しい役職も作られました。

 

 

 

MTSの元プロダクトマネージャー, Luther Johnson氏へのインタビュー

No video selected

Select a video type in the sidebar.