複雑さに起因するコストとは何ですか

複雑さに起因するコストとは、新製品の導入や生産されるさまざまな製品の管理によって発生するコストを説明するためによく使用される用語です。多品種少量生産型の製品を扱う事業では、複雑さに起因するコストが高くなり、少品種大量生産型の製品においては複雑性に起因するコストが低くなります。これは、「規模の経済」の考え方が、製品に対してどのような影響を及ぼすのかについて本質的に理解する方法です。
続きを読む »

幾何学的な構成要素以上の意味を持つモジュール

ジオメトリ(形状と位置関係)に基づくモジュラー化 - 単一の機能をベースにして他のモジュールに関連してその位置に基づき、ビルディングブロックに製品を切り刻む - それだけでは理想的なモジュラーシステムに向かって完全に機能しません。モジュラー化の利点を最大限に活用するためには、モジュールを構成するものの概念を広げ、モジュールの幾何学的な考え方を超える必要があります。
続きを読む »

コンフィグレーションデザインによるモジュラーデザインの強化

ウィキペディアによると、“設計”とは、オブジェクトまたはシステムの構築、アクティビティまたはプロセスの実装に関する計画または仕様、またはプロトタイプ、製品、またはプロセスの形でのその計画または仕様の結果です。“設計する”という動詞は、設計を展開するプロセスを表しています。ウィキペディアはさらに、コンフィグレーションデザインを、定義済みの方法でインターフェース...
続きを読む »

貴社の製品は顧客ニーズに応えていますか?

このブログでは、カスタマーキャンバスを使用して、市場セグメント間でどのようなニーズベースの違いがあるのか、を理解する方法について説明します。同じキャンバスを使用して、製品がこれらのセグメントの期待にどのように対応するかを示し、新しいより良い製品が発見される機会です。キャンバスは、製品仕様のベンチマークと確立に使用できる客観的な尺度でメリットのレベルを定量化する場合に最も強力です。
続きを読む »

リーン生産方式とモジュラー化がもたらす具体的な効果とは

リーン生産方式とモジュラー製品アーキテクチャを組み合わせる事で、様々な顧客に対応しながらバリューストリーム(製造プロセス)をシンプルにすることが可能になります。
続きを読む »

モジュラー化の必然性について

歴史上、多くの機器、設備、サービスなどがモジュール化されてきたことは皆様も認識のことだと思います。今回は、何故このような製品、企業がモジュラー化に至ったかについて考えていき、これからのモジュラー化への参考となればと考えました。...
続きを読む »