Chapter3:エンド・ツー・エンドの製品構成を実現するエンタープライズ・アーキテクチャ

前回のブログ「製品コンフィグレータはすべてのユーザーのためですか?」では、コンフィグレーション可能な製品を効率的に活用するためには、フロントエンドとバックエンドのオペレーティングモデルを整合させることが重要であると説明しました。 フロントエンドとバックエンドの整合性が取れていれば、エンド・ツー・エンドの構成を可能にするITシステムを構築することができます。 ここでは、製造業の3つの基本機能(セール...
続きを読む »

Chapter2:製品コンフィグレータはすべてのユーザーのためですか?

消費者も企業も、製品の購入方法はさまざまです。カスタマイズの必要性や、価格や納期に関する期待に応じて、売り手の市場アプローチは、標準化された製品から一点ものの仕立てまで多岐にわたります。今回のブログは、エンド・ツー・エンドの製品コンフィグレーションに関するシリーズの2回目です。第1回目のブログでは、エンド・ツー・エンドの製品コンフィグレーションとは何か、それがもたらす価値とは何かについて、どのよう...
続きを読む »

Chapter1:エンド・ツー・エンドを考慮した製品コンフィグレーションとは?

現代の情報化社会では、消費者も企業も、かつては標準化された万能な製品であっても、自分に合ったカスタマイズを期待しています。さらに、カスタマイズされた製品の価格や在庫状況などの情報は、即座にその状況を把握できることが期待されています。これを解決するのが、ここ十年くらいで開発されてきたプロダクトコンフィグレータです。 しかし、マスカスタマイゼーションの世界で効果を発揮するためには、設定された製品のバッ...
続きを読む »

コピー/キャリーオーバー設計から脱却するためのモジュラー設計アプローチ

失われた50年? 弊社はモジュラー化ソリューションをご紹介するために多くの企業の方々と意見交換する場を頂いておりますが、その中で特徴的につぎのようなお話を頂いています。 “設計部門が現行製品を提供するために多くの作業が必要で、本来設計開発業務の中で取り組むべき新製品、新部品、新機構、新システムの開発を行う時間が取れていない”、という課題に対するお悩みです。
続きを読む »

製品のカバレージをディーゼルから電動に変える 5 つのステップ

モジュラー製品アーキテクチャを使用して電動化を採用 電動化とビジネスモデルの変革は、多くの企業のリーダーに眠れない夜をもたらしている 2 つのホットなトピックスです。 排出ガス削減を目的とする戦略的シフトに対応するために、コンシューマー向けと、ビジネスアプリケーション向けの両方の車両の電動化がますます加速しています。また、顧客のさまざまな行動と輸送の問題を解決する新しい方法として、この領域のビジネ...
続きを読む »

戦略的なソフトウェアのモジュラー化–より優れたソフトウェアをより迅速に開発する

戦略的ソフトウェアモジュールとは何ですか? -戦略的ソフトウェアのモジュール化の概要 今日のソフトウェアシステムは大量のコードで構成されており、通常は独自のソフトウェアとサードパーティのソフトウェアが混在しています。
続きを読む »

モジュラー設計で機敏性、 柔軟性と効率化を加速させる

あなたの製品設計方法論はあなたの会社戦略をサポートしていますか? 今日、多くの企業は複数の市場セグメントや地域で事業を展開しており、顧客は、新しい機能や性能が安定して提供されながら自分たちの好みにカスタマイズしてくれる製品を求めています。企業では、組織のパフォーマンスを改善する方法を見つけるために、確立された内部サイロを見直しています。課題は、マスカスタマイゼーション製品の市場需要に対応すると同時...
続きを読む »

モジュラーシステムの最適なバリアント数について

オーバースペック仕様のモジュール部品の複雑さに起因するコストを、どのようにしたら削減できるのでしょうか お客様の顧客は、製品の利用状況や好みに応じて製品のパフォーマンスや仕様に対するニーズが異なります。パフォーマンスに対するニーズと、これに対してどれくらい支払えるかというパラメータが、異なるパフォーマンスレベルと価格で製品を提供するビジネスをドライブしています。個々の顧客の好みに合わせてパフォーマ...
続きを読む »